1日目:出会い系サイトに登録をして使える状態までにする

1日目:出会い系サイトに登録をして使える状態までにする

毎日が会社と自宅との往復で、勤め先にも出向先にも出会いが無いと嘆いている方は読んでください。普段から、街コンや合コンなどで女性との出会いがあるという方は回れ右をして、読む必要は無いでしょう。

そこで今回オススメするのは出会い系サイトで本当に出会えるのか!?ということについてです。本当に出会えるのかというよりも、出会うまでのステップについてですね。

キチンとした方法で出会い系サイトを使っているのなら、出会えないということはありません。しかし、自分の好みの女性と出会えないという方は存在するかもしれませんが、それも、使い方次第で理想の女性と出会うことも難しく無いので、私の10日間の軌跡について紹介して行きたいと思います。

私のやり方の他にも、自分に合っている方法があるという場合は、悩まずにそちらを選択するべきです。失敗するにしろ成功するにしろ、チャレンジしたという経験が身に付くことになるので、損をするということはありません。

リスクという点を明確にするのなら、出会い系サイトの利用に費やした時間とお金ということになりますが、お金に関しては数千円~1万円もあれば十分ですので、ちょっと飲みに行く回数を減らせば捻出することができる金額となっています。

出会った後にお金が掛かってしまうのは、リアルでも出会い系サイトでも同じですので、女性と出会った後の出費が嫌だという方は出会いを求めてはいけません。

逆に言えば、出会った後の出費に関しては問題が無いというのなら、出会い系サイトを利用して出会いを見つけることをオススメします。

出会い系サイト選びをする

現在、日本で運営されている中だけで選ぶとしても100個以上の出会い系サイトが存在します。合法的に運営されているものから、非合法のアングラなものまで含めるとかなりの数になりますが、わたしが利用するのはPCMAXとします。

PCMAXを選んだ理由としては、10年以上の老舗ということで利用者の評価が高いサイトであるということと、若いユーザーが多いので、出会うことが出来るチャンスが多いだろうというアタリをつけて利用を開始しました。また、アクティブユーザーが多く、どこの地方でも一定数以上の利用者がいるので、転勤族の私でも安心して利用することが出来るというポイントでPCMAXにしました。

他にも、イククルやハッピーメールなど高評価の出会い系サイトはいくつかありますので、そちらを利用しても良いかもしれません。しかし、私が紹介するのはPCMAXの利用方法や手段についてです。

年齢層やサイトが有しているターゲット層が異なると、利用することが難しい手段かもしれないので、私の手法に則って出会い系サイトを利用するのならPCMAXをオススメします。

出会い系サイトに登録をする

登録は簡単に出来ます。PCMAXの公式サイトにアクセスして、ハンドルネームや暗証番号を入力し、空メールを送信するだけです。

携帯電話から申し込みをすることもできますし、パソコンから申し込みをすることも出来ます。

その次はプロフィールの入力ですが、今回は登録をして利用することが出来るようになれば完了ですので割愛します。プロフィール入力のテクニックについては後述での項目で詳しく紹介していきます。

年齢確認でクレジットカードの認証をすると便利になる

PCMAXでは、年齢確認が完了すると無料で使えるポイントが50ポイント付与されます。年齢確認の方法は、本人確認書類として運転免許証や保険証、パスポートと、クレジットカードの認証、そしてYahooウォレットや楽天ID決済などでも年齢確認をすることが出来ます。

ここで、クレジットカードでの本人確認をしておくと、ポイントの追加購入などをする時にリアルタイムで購入をすることが出来るので非常に便利です。もし、クレジットカードを所持しているのなら、クレジットカードで認証をするようにして下さい。

女性にアタックしている最中にポイントが切れてメッセージを送ることが出来ないというのは最悪のケースとなるので、せっかく上手くいきかけていた状態でもリセットされてしまいます。そんなことが起きないようにリアルタイムでポイントを追加出来る手段としてクレジットカードでの登録をオススメします。

今日は、ここまでにしておこう

本人確認まで完了すれば、すぐに利用を開始することができますが、本日はココまでにしておきましょう。

登録が完了したらすぐに使いたくなるものですが、ここで一度冷静になってください。

冷静になることで、客観的な視点から分析が出来るようになるので、女性と出会うことができる確率も高まるということになります。

慌てる乞食は貰いが少ないという諺もありますが、慌てても良いことなんて何もありません。実は、もう一つだけ理由があるのですが、それは2日目の記事にて紹介させて頂きます。

2日目の記事(プロフィールを入力し、掲示板に書き込んでみる)はこちら

PAGE TOP ↑