4日目:自分の行動によって相手を見定める

4日目:自分の行動によって相手を見定める

ついに4日目に突入しました。やり方によっては、そろそろ出会える方も出てくるのがポイントですが、今回は「メッセージ」に着目して紹介していきます。

何といっても、出会い系サイトで出会うために必要なのは「プロフィール」と「メッセージ」の2つとなっていて、その他にも、社交性やコミュニケーション能力なども必要になってくるのですが、PCMAXは若い世代の人が多く、10代?20代前半の女性が多いのが特徴となっているので、出費が激しいのが特徴ですね。

そのため、出費に耐えられるだけの金額を持っていて、そこから出会いたいというのならいつでも出会うことは可能です。しかし、無駄なメッセージをいくら送信しても出会うまでのステップに辿り着くことが出来ません。まずは「多くの費用が発生するのは出会ってから」ということを認識しておいてください。

これは実生活で女性を紹介して貰ったときも同じですが、デート費用やプレゼント費用などで多くの諭吉さんが必要になることでしょう。そのため、最近では結婚率も下がってきていて恋人がいる人の割合も下がっているという統計が発表されていますが、出会い系サイトは「簡単に出会うための窓口」というように考えれば良いでしょう。

本気の恋愛をスタートしたい方は、まずは出会うことが出来ないと恋愛をすることも出来ません。そのための出会いを結びつけるのが出会い系サイトの特徴となっています。

メッセージを受けるだけではなく、送信するようにしよう

ここまでは、掲示板に投稿してメッセージを受け取る側でしたが、ここからはメッセージを送るということを知っていきましょう。守りから攻めに変化していくというような感じですね。

メッセージを送るのは、掲示板を見た後に、投稿した人のプロフィールを見て、その後にメッセージを送るという形式が多いですが、掲示板を見るのに1ポイント消費し、プロフィールを見るのに1ポイント消費し、メッセージを送るのに5ポイントを消費するということになるので、ここまでの段階で7ポイントを消費するということになります。

そのため、良い感じの掲示板の書き込みを見つけるとすぐにメッセージを送りたくなりますが、まだまだ焦りは禁物です。

ここまで待っていると、「いつになればアクションを起こすことが出来るんだ?」というように思うかもしれませんが、何も考えずにアクションを起こしても、良い結果が生まれるということではありません。

特に出会い系サイトの男女比率は良くても8対2程度だといわれています。単純に女性が登録してプロフィールを登録するだけで男性から50通以上のメッセージが届くということも珍しくありませんので、明らかに需要と供給が合っていないという市場です。

逆に考えると、50通のメッセージの中から選ばれるようなメッセージを送信することが出来ないと選ばれないということになります。さらにサクラや業者もいるので、それらを回避して出会いを見つけるということになると、簡単にはいかないということが良く分かると思われます。

今回はメッセージの送信について詳しく紹介しますが、あくまで冷静に落ち着いて行動をして下さい。

メッセージを送る相手を考えて送るようにして、無闇に送ってはいけない

メッセージを送る相手に関しては十分に検討した上で攻めなければなりません。主に掲示板などに書き込みをしているユーザーに向けてメッセージを送るということになりますが、ここで重要になるのが「過去の履歴」です。

掲示板には過去に立ち上げられた書き込みが山のように存在するので、まずは地域や好みなどで検索を行い、その中で書き込みが気になった数名を選びます。

この段階で多くても10人?15人ぐらいには絞り込めると思われるのですが、次はこれらのユーザーが過去に書き込みをしていないかを調べます。

だいたい3ヶ月分ぐらいを調べれば十分だと思われますが、心配な方は半年分ほど調べると良いでしょう。

そこで、似たような書き込みをしていないか、書き込みの日時などが集中していないかなどを分析します。

ここまでやっているとストーカーのように感じるかもしれませんが、成功率をアップさせるためということで我慢をして下さい。

例えば、掲示板に記載されている情報が同じなのに、書き込み内容の性質が180度違うというようなものもよくあります。極端な例を出すと、清楚系とギャル系というような書き込みです。実際なところ、人間の性格が短期間で大きく変わるということはとても少ない事例となっているので、このような書き込みが確認できた場合は、そのユーザーを除外するというような感じにすると、多くても3人?5人程度に絞れると思われます。

ここまでの分析をしてからその5人のプロフィールを見るということになります。そして、プロフィールに合わせた内容でメッセージを送信します。

上手くいけば3ターン以内に直接連絡が出来るようになる

最近は、出会い系サイトで出会った後に、LINEやカカオトークなどで連絡をしあうというスタイルが多くなっていますので、ひと昔前に比べると、非常に少ないターン数で直接連絡をすることが可能となっています。

女性は面倒を嫌いますし、特に若い世代では顕著です。特に出会い系サイトで出費を少なくして女性と親密な関係を築こうと考えているのなら、スマートフォンを持っていることと、LINEやSkype、カカオトークなどのアプリを持っていることは必須となっているので、これらの要素は満たすようにして下さい。

最近ではスマホの普及率も60%を超えたとされていて、10代?20代のスマホ所持率は、ほぼ100%です。そのため、スマホを持っていることが直接連絡を受け取るポイントといっても過言ではありません。

まず1通目は相手の興味を引きそうな話題を持ち出してメッセージを送信して、返信があったのなら、すぐにアクションを起こすことが大切です。待たせてはいけません。

そこで、LINEやSkype、カカオトークのIDを送って反応を窺います。相手にも出会いたいという意思があるのなら、この段階で7割ぐらいの女性が直接連絡をしてくれるようになります。

そこまで出来れば、出会うまでのステップはクリアしたも同然なので、あとはコミュニケーションスキルを発揮してください。

下手な鉄砲を撃つよりも、命中率を高めよう

今回、4日目の行動で大切なのは、「メッセージを多く送る」ということよりも、「メッセージに対して返信を多く受け取る」ということです。

PCMAXを利用して、費用はいくら使っても問題ないというような方なら今すぐ回れ右をして下さい。こちらで紹介するのは、「出来る限り少額で多くの女性と出会う方法」となりますので、無尽蔵にお金が使える方に関してのアドバイスでは無いということを認識してください。

5日目(相手に合わせたメッセージで返信率アップ)はこちら

公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑