はじめて3Pしました

性欲が強いので、セフレは何人いてもいいなと、良さそうな人を探していました。
近所に住んでいる人がいたので連絡をすると、しばらく恋人がいないので寂しいと言っていました。
会うことになって最初は喫茶店に入りましたが、意気投合して家でお酒を飲もうという話になり、コンビニに寄ってお酒とおつまみを買いましたが、私にばれないようにゴムをかごに入れていることに気付き、ウレシくなりました。
家につき、お酒を飲んで、酔っ払ったふりをして横になると、案の定おっぱいを揉まれました。
親指と人差し指で乳首をつねられて、びくっと反応してしまいました。
パンツに手を入れられて、びしょぬれになっているところを指でなぞられて、頭がぼーっとしました。
くちゅくちゅと愛撫されてたまらなくなり、入れてくれるようにお願いすると、ぱんぱんに勃起したおちんちんにゴムを被せてくれて、びしょびしょのおまんこに一気に挿入してくれました。
濡れすぎていましたが、おちんちんがとても熱くて感じてしまって、おまんこを締め付けていると、緩めてくれと頼まれました。
気持ちよすぎて力を抜くことができず、あっという間に中に出されました。
ゴムをつけていますが、おちんちんが私の中で膨らんで、脈うつように精液を出しているのがわかりました。
もう一回セックスしたところで、相手が疲れてしまったようです。
まだむらむらしていたので、失礼なのは分かっていましたが、すぐ来れる男友達を呼んでもらいました。
地元の友達らしく、仕事後ならいつでも来れるのでまた呼んでほしいと言われました。
対面座位で挿入はせず、乳首をたくさん吸ってもらいました。
私のおっぱいを気に入ってくれたみたいです。
乳首は感じるのでまたおまんこがびしょぬれになり、そのままおちんちんを入れてもらいました。
座位なので挿入が深くなり気持ちよすぎて腰を動かせなくなったので、正常位にしてもらって、激しく犯してもらいました。
二人目の人も二回で疲れてしまいましたが、たくさんしてもらったので満足できました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑