PCMAXで得た、私の癒し。

遅くまで仕事をして、ご飯も食べずに…。
家に帰ると、中は真っ暗。冷えたおかずが食卓に並べられ、それを温め直して食べる日々。
いつからこうなったのでしょう。
妻はすでに寝入っている。
朝も早い私は誰も起きないうちに出勤します。
同じ家に住んでいても妻や子供と会うのは休みの日だけ。
もちろんセックスレス。そんな状態が続いて3年くらい。もうやってられない。

私は冷えたご飯を食べながらスマホでサイトを立ち上げまさした。

出会い系サイト「PCMAX」

前の休みにちょっとした好奇心で登録して、そのまま何もせずに手付かずでした。
何か変わったことがしたいと、女の子を探しました。
こんなおっさん、相手になんかされないだろうと思いながら、20歳くらいの女の子とメッセージを交わしました。
まあせめてネットの中くらいは…はじめはそんな感覚でした。
でも家庭の不満を募らせて話しているうちに、その彼女も私に同情してきたのです。

なぐさめてあげるよ。

20も年下の女の子に言われながらも、求めていた私はどうかしていたのかも知れません。
明日の夜に会う約束を交わしました。

まさかと思いながらも、本当に来た女の子。
とてもかわいらしい子でした。
どこかで話そうと、スタバに誘ったのですが、彼女は私の手を出したのも引っ張り、ホテルへ。
男の私が抵抗しましたが、ホテルの前で揉めているのはそれこそやばいと、二人でホテルに入りました。

癒してあげるよって言ったでしょ。

彼女はそう言うと、いきなりキスをしました。久しぶりのキスで、情けないことに私の足はガクガクでした。
そのまま服を脱がされ、もう立ちに立った息子を舐められ、しゃぶられ、私は年甲斐もなく、すぐに射精してしまったのです。
最高のフェラでした。

ここまで来たら後に引けないと、私も本能のおもむくままに、彼女に食らい付きました。
正直、覚えていません。何回ヤッたのかさえ。

私と彼女はそれ以来、何度か秘密のエッチを続けています。
それ以来、家に帰って誰も迎えてくれなくても、何も思わなくなりましたね。
それよりも彼女ともっとしたい!っていつも思っていますいます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑