セックスに餓えた人妻が限りなく求めてくる

こんなことばかりしていたはダメだと思っていたも、クセになってまたやってしまう。目の前の女性を見て、そう思う私がいました。
私よりも20も年上の女性です。熟女といえるでしょう。
別に熟女好きなわけでもなかったのですが、あるとき年上の人妻と出会い、ヤってしまったことでそういうことを求めるようになってしまいました。
普段は普通に過ごしている人妻を淫らに犯したい。そんな思いが。

いつも使っている出会い系サイト「PCMAX」

このサイトでまた人妻と出会いました。
何度かメッセージのやり取りをし、セックスレスの話になり、じゃあお互いに楽しもうよとなると人妻はほとんどと言っていいほど拒みません。みんな餓えているんでしょうね。

会って話もそこそこに、私たちはラブホテルに入りました。
きれいにめかし込んでいるも、やはりよく見ると普通の人妻です。近所のおばさんって感じ。

そんな彼女の胸を後ろから抱きしめて揉みます。なかなかの大きさで、揉みがいがあります。
小さな喘ぎ声を出す彼女。なかなかいいものを持っているのにこれを揉んだりしない旦那様の気持ちがわかりません。
服を脱がしながらじわじわと首筋から舐めていき、あらわになった胸も乳首も舐めます。そのときには彼女の声はかなり大きくなっていました。
ほどよく愛撫してやると、彼女から私を押し倒し、ズボンをずらして私のまだ息子を取り出しました。やらしそうに唾を垂らせて、手でこきはじめました。あまりの気持ち良さで私も声が出ます。
そのまま口にくわえると、おいしそうに根本から先っちょまできれいに舐め尽くしてくれめした。とても丁寧なフェラチオでしたね。
彼女も男性器が愛しくてたまらないようでした。
正常位、バック、騎乗位、思い付くあらゆる体位でセックスしました。あまりに体が餓えていたのでしょう、彼女の性欲はおさまりきらず、果ててぐったりしている私の体をずっとずっと舐めていました。
そして少しでも息子が元気になるとそれを自分の性器にあてがい、挿入させていました。
人妻はみな大体餓えていますが、これほど餓えている女性は久しぶりです。
最後はもちろん中出しで、そしてお口にも射精して、飲ませて上げました。彼女は嫌がることなくとても嬉しそうに舐めて飲んでいました。
本当にいやらしい人妻でしたね。
連絡先も交換したので、また会うことになるでしょう。
私のほうが体力持たないんじゃないかって思っちゃいますね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑