PCMAXで出会った女の子とアブノーマルセックス!

深夜の駅前コンビニ。
でも結構な人が入っては出て、もしかしたらあの子か?なんて思いながら一人の女の子を待ちます。
ちょっと前に出会い系サイト「PCMAX」で知り合って会おうと待ち合わせた女の子。
待ち合わせた場所はこのコンビニ前。
臆病な私はコンビニの中から、どんな子が来るか様子を窺います。
あまりにケバい派手目の女の子が来たら無理だと思いながら、私の心はドキドキです。

そして!

来ました。言っていたとおり、白のワンピースに黒い鞄を持った女の子。
まるで派手などではなく、どちらかというと地味そうな女の子です。
コンビニの前に立ち、辺りの様子を窺っています。この子で間違いないでしょう。

「お待たせ。○○ちゃん」

声をかけると、女の子は振り向き、恥ずかしそうな笑みを浮かべます。かなりの上物です。この子と今からセックスするのです。いきなり私の息子が硬くなっていくのは致し方ありません。
挨拶もそこそこに、すぐ近くのラブホテルへ。
そても白い肌に、薄い化粧。
年齢を聞くと、まだ19歳でした。私より10以上も下です。
もう欲求を抑えきれず、女の子の胸を服の上から揉みます。柔らかな感触。お尻もほどよく小さくて、この穴に今から淹れるのかと思うと堪りません。
服の上から十分愛撫して、私だけ全裸になります。これもまたエロいシチュエーションです。
裸で抱き締めて、息子を女の子の至るところに擦り付けます。擦られて、それだけでイキそうになっちゃいます。

「舐めてよ」

言うと、女の子はお口をいっぱいに開けて、私の息子をくわえました。私はスカートを捲し上げて、これも白いパンティの上からあそこをまさぐります。女の子はすでに濡れていました。
唾液をいっぱい絡ませて、フェラチオさせ、女の子のあそことアナルを愛撫し続けました。
そのままベッドに押し倒し、パンティだけ脱がせて女の子に挿入!もちろんゴムをつける気などありません。生で挿入です。
女の子のか細い喘ぎ声が部屋中に響きます。私は突きながら、女の子のアナルも愛撫し続けました。こっちの穴にも入れてやろうとたくらんでいたのです。
女の子をうつ伏せにさせ、お尻の穴に息子をあてがいます。
お尻の穴を思い切り広げて、唾液をいっぱい含ませて舐めてやりました。
そしてお尻を思い切り押さえ付けて、挿入。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑