便利使いするつもりが笑

私は仕事に自転車で通勤しています。健康のためと言うのもありますが、自転車が好きで、1時間かけていても全く苦にならないんです。でも朝から雨の日はさすがに電車にするので実際には月の半分くらいが自転車で通っていることになります。最近はゲリラ豪雨が多くて、行きは晴天だったのに、帰宅時間に突然雷雨、豪雨と言うこともありますが、それに加えてパンクと言う最悪の事態が起きたことがあります。ちょうど家と会社の半分くらいの地点で、土砂降りになり雨宿りに利用した軒先の何かにタイヤがパンクを起こしました。人通りもないし、半泣きでたどり着いたのが、出会い系サイトでした。

私は以前からPCMAXに登録していて、時々遊んでいる人が数人いたのですが、そのうちの1人が私のことを好きそうだったのを思い出し、さらにここからなら車でも迎えに来てくれそうな距離だと思って、電話しました。すごい久しぶり!とハイテンションで電話に出てくれたので、思い切り半泣き声で、助けて、と言って見ました。彼はものすごく心配してくれて、ちょっと時間はかかるけど今からすぐに迎えに行くから絶対にそこを動かないでと言ってくれました。

ちょっと時間がかかるのか・・と不満でしたが、実際に雨はもう小降りになっていて、パンクした自転車を引きずって帰ることは可能と言えば可能、でも距離的にはちょっと厳しかなという状態だったので、びしょびしょだし、このまま彼を待つことにしました。

そして現れた彼は自転車だったんです。てっきり車だと思っていたのにえ~~!!と思いましたが、彼は私を後ろに乗せて連れて帰ってくれました。私の自転車は後で自分が取りに行くと言ってくれて、そのまま自宅にやっと帰りつきました。

ちょっと寒かったので彼にも温かいものを、と思って部屋に上げると、彼はすっごくうれしそうで、自分をまさか頼ってくれるなんて思わなかったと喜んでくれました。私はちょっとの罪悪感と、ちょっと心が傾くのを感じました。

その足で彼は自転車を取りに戻り、もう真っ暗の中、家までもう一度届けてくれました。

私は彼を家にあげてそのまま一夜を過ごし、その日をきっかけに付き合うことになりました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑