臭いが気になると集中できません。

私は自分に体臭があると気になって仕方ないんです。中学生くらいから汗のにおいや生理中のにおいが気になり始めて、ブーツを履いたりおしゃれをしだすと足のにおいが気になったりと、常に親などに臭くないかを確認したり、防臭、消臭グッズをたくさん持ったいたりしていました。

ちょっとでも気になると人から離れたり過剰になっていたので、べたべたとくっついたりしているカップルなどは憧れはあっても自分には無理だと思ってきました。

汗かきなので、夏場は本当にいろんなことが苦痛で、神経質なくらい周りに不快な思いをさせていないかを気にしていました。

好きな人ができていい雰囲気になったこともありますが、臭いばかりが気になりそれが原因でうまくいかなくなり別れてることもありました。

大好きな人にあそことか触られたり、顔を近づけられたりするのが耐えられませんでした。挿入だけしかさせない女の人っておかしいのでしょうか、他にもやたらと近づかれるのが嫌なこともあり、あまりに拒み続けた結果、なんとなく気まづくなって別れてしまうことを繰り返してきました。

でもそんなことばかり思っていてきづけば30歳になっても結婚ができていません。

今度は焦ってしまい、出会い系サイトPCMAXで出会いを探すようになり、普通にやり取りができた男性と会うことになりました。もちろん消臭対策はいつものように万全です。

会った瞬間に好きになれると思ったのですが、やはりお酒が入ると近づいてこられて、口臭とかが気になって集中できません。

でも彼は構わず近づいてきて、今から時間大丈夫?とホテルに誘われました。

うなずいてホテルに行くと、彼は突然後ろから抱きしめてきて、濃厚なキスをされました。
手もスカートの中にも入ってきました。

力がすごく強くて、払いのけようとしても全くできません。
キスも激しくて、やっとのことで、シャワーしてから・・というと、大丈夫、気にしない!と言い切られてしまいました。

こんなに強引な人は初めてでした。今まではやめてと言うとやめてくれた人ばかりだったんで、どうしよう、臭いのに、とプチパニックになりました。

立ったまま壁に押し付けられて、ショーツを脱がされ、彼の手があそこをぐちゃぐちゃにかき回してきて、べちゃべちゃと音がするのが聞こえてきて、泣きたくなりました。

彼はそのまま膝まづいて、あそこに顔を押し付けて、その液体を舐め始めたんです。

いやだ!やめて!と逃げようとしたのに、なんで?ぬれてるじゃんと腰を押さえられて、汚いから!というと、どこが?おいしいよ、大丈夫だから、とそのまま押し倒されて、長時間舐め続けられました。

初めは泣いていたんですが、次第に気持ちよくなってきて、そこからはもう彼の動きに身を任せることにしました。

力を抜くと本当に快感が襲ってきて、この日初めて自分の体のにおいのことを気にせずにできました。

まだ気にはなりますが、少なくともこの人には大丈夫な範囲の匂いだったんだと自分に言い聞かせて納得させました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑