ロリ系で不道徳感を楽しむ。

最初にアポをとったときの写メは普通の20代の女の子という感じだったのですが、実際に会ってみるとどちらかと言うとロリ系のかわいい感じの女の子でした。結構、セーラー服とかブルマなんかが似合いそうに思えたのでホテルで試すことにしました。
 ホテルの部屋に入ったら、ホテル備え付けのセーラー服を着てもらいました。着替えるのを見るのも一興ですが、見てしまうと下着とか後々の楽しみが減ってしまうので、脱衣所で着替えてもらいました。その間、私はお茶を飲みながらソファーでくつろいでいました。
 着替え終わって私の前にやってきた彼女は、かわいい本物の女子校生かと見紛うばかりの姿でした。早速、セーラー服の上からおっぱいを触り、お尻を撫で回しました。彼女は、顔を真っ赤にしながら室内を逃げ回ろうとするので、それを押さえ込んでベットに押し倒すのは、まるで女子校生を無理やりハメるかのような感じでした。セーラー服をはだけさせ、ブラをずらすとそこにはやや乳りんの大きめのCカップぐらいのおっぱいがありました。それのおっぱいに必死になってむしゃぶりつきました。乳首を吸いながら、彼女のパンツの中に手を入れるとすでに、中は十分に濡れていました。せっかくなので、パンツを脱がせ、自分もズボンとパンツを脱ぐと、そのままお互い着衣の状態で合体しました。正常位で突いていると、彼女の中からクチュクチュと音がしていました。また、お互いの衣類のこすれる音もしていました。彼女の喘ぎ声は、静かなほうで我慢しているような感じでした。時々、大きく腰を引いて一気に突き入れたりする大きめの喘ぎ声をあげていました。その声を聴いて、「どうしたの?」と問いかけると、「意地悪!」と言われ、ぎゅっと抱きしめられました。意地悪なんて最高のほめ言葉です。最後は彼女の中に無事放出しました。中出しされた彼女の姿は、まるでJKモノのAVみたいでした。
 放出した後、彼女の着ているものを全て脱がせ、お互い全裸になったら再び合体しました。つい先ほど放出した自分の精液と彼女の愛液の混ざり合った液体がローション代わりになってツルッと奥に入り、彼女は大きな喘ぎ声をあげていました。
 その後も、何度か会ってエッチするようになりました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑