わっー、こんなに・・・目移りしちゃうなぁ~。

結婚15年目の主婦です。
経済的には安定した生活を送っていると思います。それも毎日一所懸命に働いてくれている夫のお蔭だとは分かっているのですが、女の性がしばしば私を淫らな道へ導いてしまいます。

そうです。
わたしには「セフレ」がいるのです。
「セフレ」との出会いは、PCMAXでした。夜の生活に満足していなかった私が、プロフィールに「セフレ募集」と正直に書いたところ、即座に100人以上の男性が足あとが付けられ、20人くらいの男性からメールが届きました。
(わっー、こんなに・・・目移りしちゃうなぁ~)
嘘偽らざる正直な感想でした。

で、どなたに返信したかというと・・・積極的で、飾らない、正直な人。夫とは少しタイプの違う男性を選んでいました。

メールで数回やり取りをした後、LINEを交換へ。
初デート(初H)までは、その後数週間かかりました。

いよいよ、初デート(初H)の日。
JR札幌駅近くのドトールコーヒーへ。
窓際のカウンター席に座って、彼の到着を待ちました。

数分が過ぎたでしょうか。
一人の男性が私の隣に座りました。到着したらチャットをくれる約束になっていたので、ビックリ仰天です。
「あの、△子さんですか?」
低く野太い声で訊ねてきました。ブラックのポロシャツにカーキのスラックスを合わせています。メールやチャットでのやり取りから想像はしていたものの、あやしい雰囲気はそれ以上のものがありました。両端が切れ上がった太い眉。鋭い眼光。尖った鼻。すべての造作が他人を威圧する風貌でした。
「○○さん?」
(ちょっと、怖いかも・・)
「怖いと思っているでしょう?怖くないよ、見た目だけだよ(笑)」
「ホントに?」
訝しがる私を必死になって安心させようとする○○さん。

そんな彼の思いやりに惹かれていったのだと思います。
その日の初デート(初H)以来、ほぼ週1回のペースで「セフレ」関係が続いています。たまには泊りで外出することも。
「旦那と別れて、俺と一緒にならないか?」
そこまで言われたら、本当に悩んでしまうだろうな、と思うこの頃です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑