自分にないものを求めました。

僕はPCMAXに登録してから、ずっと自分好みの女を探していました。僕が好きなのは少し年上で大人の雰囲気のある知的な女性です。そんな女性を自分の思い通りにしたいとずっと考えていました。僕は学歴もないし、ろくな職業についてないし、どうしようもないダメ人間です。でも、だからこそ、そういった年上で知的な雰囲気の女性を好きになってしまうのです。自分とは対照的な存在ですから。ただ、類は友を呼ぶといいますか、残念ながら僕の周りにはそのような知的な女性は1人もいませんでした。馬鹿っぽくて将来のことをなにも考えてないような奴らばっかりでした。そんなわけで、僕はもう周りの女にうんざりして、ひとまず出会い系イククルに登録して女の人を探そうとしました。出会い系に登録している女も周りにいる女と似たような感じなのではないかと一瞬危惧しましたファン、そんなことはなくちゃんと知的な感じの女性もいました。そのうちの1人と実際に会うことになって、カフェで少し話をしたところ、僕は彼女をあまりに魅力的に感じてしまい、その場でプロポーズをしてしまいました。彼女は笑いながらでは、これから付き合いましょうと言いました。それで僕は感動して、彼女を自分のアパートに案内しました。それで夜になったらそういう雰囲気になって、エッチをしてしまいました。結局お持ち帰りみたいになってしまいましたが、僕は彼女が理想に近い女性だったので良かったと思いました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑