PCMAX失敗談。

僕は昔から困っている人を見ると放っておけないというタイプの男です。それが災いして今までも付き合っていた彼女にいいように使われたり、あまり好きではないのに何度も告白されて、かわいそうになりダラダラ付き合ったり、そんな付き合いばっかりでした。PCMAXを始めてからは、そういう思いとも暫くサヨナラしてたんですが、ある日僕のほっとけない精神をくすぐる女性と出会ってしまいました。彼女は前の旦那さんと別れて間もないみたいで、子供もいる人でした。最初はそんな素振りなんて全く感じずに仲良くしており普通にくだらない話をして盛り上がる関係でした。まさかこんな辛い思いをした人だということは知らずにお互いに親しくなってしまい、遂に会うことになってしまいました。今思えばあの時に気づいていたら、こんな深みにハマる事はなかった。自分のこの性格を憎みましたよ。案の定会って飲んでいるうちに、その女の人の可哀想な話をたくさん聞かされ僕は更に放っておけなくなってしまいました。まだ僕は24歳、対してその女性は30歳。しかも子供もいる。僕にはそんな大きなことを背負える力はなかったのに気になって仕方がなくなりました。そして何度かデートを重ね、ある日を目撃してしまったんです。その女性は違う人と親しげに肩を組んで歩いていて深い関係だと僕にもわかりました。それを見た瞬間僕は、ハっと我に返り以後その方とはもう連絡を取っていません。嫌いな自分を思い出してしまった失敗談です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑