PCMAX、恐るべし。

「今晩、ご飯ご一緒出来る方募集」
初めてPCMAXに登録し、少しドキドキしながら掲示板を検索するとこんな書き込みがあった。
その日仕事が休みで特に予定もなく、暇をもて余していたオレは早速返信をすることに。
「オレも暇してるんでよかったらお願いします。」
すぐに返信が来て、少し胡散臭いなと思いながらも、そこからメールの応酬、LINE交換も済ませ18時に市内で待ち合わせる事に。
約束の10分前くらいに到着し連絡を入れるともう着いているとのこと。
電話を繋いだまま相手を探していると同じようにキョロキョロしているスーツ姿の女性が。
写メの印象と年が19才と聞いていたので、てっきりギャルっぽい子が来ると思いきや、キレイなお姉さん系。顔はまあ中の上くらい。
とりあえず近くの居酒屋に入ると、席に着くなり、おもむろにジャケットを脱ぐ彼女。ジャケットで全く分からなかったのだか、とにかく乳が張り裂けそうなくらいシャツを圧迫しボタンが弾けそうとはまさにこの事だと痛感。
最初は緊張し敬語で接していた彼女だが、酒も入り、会話も弾んで打ち解けてき、いい感じに。オレは会話をしながらも盛り上がったブラウスとボタンとボタンの合間に目が行ってしまい会話なんて当然上の空。
だが、どうやら彼女もそんなオレの視線に気付いている様子。
カラオケ好きのネタで盛り上がったこともあり、そのまま流れでカラオケに。
チャンスを逃すまいと当然横座り。
互いに1曲を歌い彼女が2曲目を歌い始めたところで肩を抱く。
嫌がる様子がないどころか、頭を肩に乗せ歌い続ける彼女。
調子に乗った俺はそのまま顔を引き寄せ軽くキス。ここでも嫌がる様子が皆無だったので、2、3度フレンチキスをした後強引に舌をねじ込む。
彼女も舌を絡めて来たので、ここから一気に攻めに転じようと、居酒屋から気になって仕方がなかった暴れ乳を揉みし抱く。
甘い声を時折出しながらも、なおも歌い続ける彼女。
我満も限界というか我満する必要も無くなったので、ブラウスのボタンを弾きおもむろにブラをズラし突起を舐め、吸い出すオレ。
身をくねらせ、もはやカラオケどころでは無くなった彼女は遠慮がちな声であえぎ始める。
当然オレのオレはフルボッキ。
彼女もそれに気づいた様子で、ズボンの上からオレのオレを擦り始める。
この瞬間がたまらない。
しばらく擦らせチャックに手を誘導させるとオレの顔を見ながらチャックをズラし、オレを解放し何度かスライドさせおもむろにくわえ込む。
正直上手くは無かったが展開のエロさに完全に酔いしれるオレ。
するとくわえていた口を離した彼女はその口をオレの耳元に持っていき「入れて?」と一言。
「ここでかよ」と正直一瞬テンパるも、ムードは大事だろと腹を決め、彼女のズボンをひっぺがしパンツをズラしそのままダイレクト挿入。
さすが19才、締りが素晴らしい。しかも巨乳の上はシャツ一枚。その視覚効果のヤバイことヤバイこと。
触覚と視覚とシチュエーションの合わせ業でものの5分くらいでイッてしまうとオレ。
かなり不満げな彼女。
ここで男を見せねばと、そのままホテルに直行、第二回戦。
発車寸前「中に出していいよ。」と言うので少し躊躇ったが流れに逆らわないのがオレ流。そのまま中出し。
互いに酒も入っていたのでそのまま寝入ってしまい、翌朝笑顔でバイバイ。
次はピチTでリクエストした。

こんなどエロイ子に登録初日に出会えるPCMAX、恐るべし。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑