大学の近くのお店で働いてる子と会ってみました。

飲食店でホールスタッフとしてアルバイトしているという女性とメッセージを始めました。
彼女にお店に食べに行くので、店名を教えて欲しいとお願いしても頑なに教えないため、おかしいと思っていました。
そして、ある日LINEで写メの交換した時のことです。彼女から送られてきた写メは、とてつもなく不細工な女でした。
そして、どこかで見覚えのある顔だったのですが、学生街にひっそりと家族で営んでいる薄汚い定食屋の子であることを思い出しました。

メッセージのやり取りを止めようかと考えましたが、彼女はヤル気満々な様子がメッセージから伝わってきていましたので据え膳食わぬは男の恥と彼女を抱くことにしました。
彼女の仕事終わりに私の自宅に呼び出し会うことになり、夜9時過ぎに私の家に訪れました。彼女は私が定食屋に、たまに行っていることに気付いてはいない様子でした。近くで見ると一層不細工な顔ですが、彼女は私を気に入ったようで彼女はいるの?としきりに質問してきます。

一緒にシャワーを浴びることになったのですが、彼女は顔に似合わず良い体をしていました。腰回りはしっかりとクビれており巨乳で、肌も白く綺麗でした。体だけを見ていると興奮するのですが、顔を見て一気に萎えてしまうのです。
そして、いよいよベッドに入ったのですが暗がりの中でも彼女の不細工加減は伝わってきてしまうので、私は彼女の顔にタオルを掛けました。彼女は、モゴモゴとし始め、どうしてタオルを掛けるの?と尋ねるので、こういうプレイが好きなんだと答えるのが精一杯でした。
それ以来、彼女とは会っていませんし、定食屋にも行くことはありませんでした。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑