旅先でも利用してみました

3月下旬、私は生まれ故郷に帰省していました。帰省とは言っても、既に両親は首都圏に転居して来ており、両親と一緒に、生まれ育った土地へ「回想旅行」でやってきていたのです。

毎日、レンタカーを運転して年老いた両親にとっての思い出の地(私にとっての思い出の地でもありますけれど)を案内して回りました。

数日目、両親は友達と会食する予定を入れており、私は、終日フリーとなりました。夜、旧友と会う約束をしていましたが、不図、思いついたのが「この街でPCMAXに登録している女性って、会えるかな」ということでした。

早速 、ホテルのベッドに寝転んで、「帰省しています。会える方いらっしゃいますか」との掲示板を書き込みました。

数時間後、2~3通のサイメが届きました。その中のお一人と話を進めてみると、すんなりと話がまとまってしまいました。待ち合わせ場所は、郊外のバスターミナル。

「目印は、黄色い熊の形のバッグ」。なんだか、ほほえましいような気がしました。街並みはかなり変わっていたとはいえ、かつて住んでいた街ですので、待ち合わせ場所へはかなり早めに到着できました。

「黄色の熊さん」は、小柄な女性でした。やっぱ、初めて女性と会う時って、とても緊張しちゃいます。女性も、半信半疑の様子でした。少し歩いてから、「どうしますか?」と女性。「落ち着ける場所、行っていいですか」と私。

その後は、お互いよく知っているこの街についての話に始まり、様々な話題で盛り上がりました。「ふるさとの女性」の温もりに包まれた、一時でした。

ただでさえ懐かしい、かつて住んでいた思い出の街。また一つ、思い出を作ることができちゃいました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑