同日にふたりと時間差で会うことに

人肌恋しくなったので、柔肌を求めてPCMAXのサイトへアクセスしました。
普段なら見ることのない掲示板を物色していきました。
すぐ会えそうな書き込みはたくさんありましたが、慎重に探さなくてはなりません。この中には業者のようなものの書き込みもあると噂で聞いたことがあります。別に業者に当たること自体は問題ではないのですが、そもそもお金を出したくないという思いがありました。

ひとまず六人ほど見繕ってメールを送ってみました。
三十分もしないうちに全員から返信がありました。そのうち三人はお金がかかりそうな内容だったのでそのまま放置して、残りの三人と交渉を続けました。
そこからさらに一人が場所の都合が合わずに断念、残り二人はどうなるかと思ったらなんとか話がまとまりました。そう、二人とも話がまとまってしまったのでした。しかしこんなチャンスは滅多にないと頑張って交渉してなんとか時間の調整がつきました。

一人目と会うのにもう一時間もありませんでした。急いで移動して待っていると、声をかけられました。
この時ちょっと派手な変わったカバンを持っていたので目印として教えていました。
ちょっと低めの声に反応して見てみると、地味な感じの女の子がいました。可もなく不可もなく特に思うこともなく、ホテルへ誘いました。

しかし、ホテルに着いて裸になると自分はなんと愚かなのかと思いました。そこにいたのは、ほっそりとした手足に控え目な胸、そしてふくよかなお腹。そう、胸も含めて全体的にほっそりとしているのに腹部だけ肉が多い。
なんとなく年寄りのような印象を受けました。とは言え好き嫌いのない私は、しっかりと頂きました。
次の予定を考えると二時間が限界でした。あまり粘ることもなく二回ほど出して終わりました。特に聞かれることもなかったので連絡先は交換していません。
しっかり体を洗って準備して、ホテルを出てその場で別れました。

余裕を持って移動しながら次の娘に期待していました。
容姿については聞いていませんでしたが、一人目が残念な感じだったので勝手に期待していました。
約束の場所に着いたと連絡をしたらもういるよと返ってきたので見回してみると、それっぽい可愛い娘がいました。

近づこうとしたら後ろから声がかかり振り向いてみると、肉でした。
背は私より頭一つくらい低く横は五割増しくらいでした。
良い笑顔でホテルに誘われました。もちろん、ついていきましたけどね。

やたら胸を自慢していたので、ホテルに着いて速攻で服を脱いで相手が脱いでもいないうちから揉んでやりました。
自慢するだけあっていい手触りでしたが、同じくらい出てる腹のせいで台無しです。
あちこち肉が多くて苦労しましたが、こちらでも二回出しときました。こっちでも連絡先は交換することなく別れました。

二人も捕まえたのは幸運かと思っていましたが、こうも極端なのが相手だとそうも思えませんでした。
目的は果たせたけどもなんだか不満の残る夜でした。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


公式サイトで女の子を見てみよう!

PCMAXへ登録する
PAGE TOP ↑